【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求!
【大人のための母乳】って??? 詳しくは>>>

健康

検査方法

前立腺癌検査方法には前立腺の検査、そして血液検査が用いられます
T直腸指診(DRE):直腸の検査で、医師が薄い手袋をはめて、直接肛門から直腸に指を入れ、前立腺の状態をふれることで確認する検査です。前立腺の大きさや硬さ、しこりや異常な箇所がないかを調べます。


UPSA検査 :PSA検査とは、血液検査によりPSAの値を調べる検査です。PSAとは前立腺特異抗原といい、前立腺で作られるたん白です。血液の中にわずかにとけ込んでいます。PSAは健康な時でも血液中に存在していて、前立腺癌が発症すると、大量のPSAが血液中に流れ出します。このPSAの値が高ければ高いほど前立腺癌の可能性が高まります。
このPSA検査は簡単でしかも、精度も高く現在、最も有用されています。


V超音波検査 :肛門から棒状のプローブ(超音波探子)を直腸に挿入し、前立腺を調べます。プローブから音波を出し、前立腺内部で反射して戻ってきた音波を画像解析しモニターで前立腺の状態をみることができます。


W針生検:針を用いて前立腺組織の細胞を少しとり病理医が顕微鏡で調べます。PSA検査、直腸診、超音波検査の結果によって癌の疑いがある場合、行う検査です。癌細胞の有無を判断し前立腺癌と診断する確実の方法です。
医療技術の進歩により、痛みは全くありません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70586169
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。